FC2ブログ
名古屋のロックバンド、Daybreakメンバーの日記
ビートルズ談義第16回
ビートルズ談義第16回は『ホワイトアルバム』です。
ビートルズa_thebtls.gif


曲目は、
DISC-1
1 バック・イン・ザ・U.S.S.R.
2 ディア・プルーデンス
3 グラス・オニオン
4 オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ
5 ワイルド・ハニー・パイ
6 コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ビル
7 ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
8 ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
9 マーサ・マイ・ディア
10 アイム・ソー・タイアード
11 ブラックバード
12 ピッギーズ
13 ロッキー・ラックーン
14 ドント・パス・ミー・バイ
15 ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
16 アイ・ウィル
17 ジュリア
DISC-2
1 バースデイ
2 ヤー・ブルース
3 マザー・ネイチャーズ・サン
4 エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
5 セクシー・セディー
6 ヘルター・スケルター
7 ロング・ロング・ロング
8 レボリューション1
9 ハニー・パイ
10 サボイ・トラッフル
11 クライ・ベイビー・クライ
12 レボリューション9
13 グッド・ナイト

この中で特にお気に入りは、
・ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
・セクシー・セディー

このアルバムあたりになるとジョンの曲風とポールの曲風は
まったく違ってきますね。初期~中期の曲に見られるような
二人の共作という雰囲気はまったく感じられません。
アレンジ的にもサージェント・ペパーズやマジカル・ミステリー・
ツアーのように時間をかけて工夫しました、っていう感じは
あまり感じられませんね。

とはいうものの個々の曲は魅力いっぱい。
なかでもハッピネス・・・は(決してメジャーな曲じゃないけど)
僕的にはジョンの最高傑作のひとつじゃないかと思います。
ポール作で一番好きなのは、マーサ・マイ・ディア。
ジョージ作では、サボイ・トラッフル・・・といいたいとこだけど
やっぱりホワイル・マイ・ギターでしょうねー(笑)
スポンサーサイト



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
ホワイトアルバムは
いろんなタイプの曲がごちゃまぜにはいっていますね。
ぼくもセクシーはかなり気になっていた曲ですが、やはり良いですね。ピアノの音も独特で。
その他ではジェト機の音ではじまるバックイン~がぼくは好きです。
あとバースデイのはじめのドラムサウンドと最後のフランジャーのかかったようなピアノ?今でも感動ものです。
2006/08/01(火) 20:44:04 | URL | コミー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック