FC2ブログ
名古屋のロックバンド、Daybreakメンバーの日記
ビートルズ談義第11回
やっと(?)HELP!です(笑)。
ビートルズa_idl.gif

曲目は
1 ヘルプ
2 ザ・ナイト・ビフォア
3 悲しみはぶっとばせ
4 アイ・ニード・ユー
5 アナザー・ガール
6 恋のアドバイス
7 ティケット・トゥ・ライド(涙の乗車券)
8 アクト・ナチュラリー
9 イッツ・オンリー・ラヴ
10 ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ
11 テル・ミー・ホワット・ユー・シー
12 アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス(夢の人)
13 イエスタデイ
14 ディジー・ミス・リジー

いや~、あらためてこうして曲目を眺めてみると本当に渾身の14曲ですね。強いて強いて言えば、ぼく的には、テル・ミー・ホワット・ユー・シーがどうかな?という程度で、あとは全部すばらしいですね。ビートルズの初期というかポップな曲作りが完成の域に達したアルバムだと思います。
インパクトとしてはヘルプが抜群にショッキングな曲だったんですが、ぼくが一番好きな曲は恋のアドバイス(You're Going To Lose That Girl)です。HELP!の映画の中でスタジオでこの曲をレコーディングしているシーンはこの映画の中でもかなり印象的でした。
この曲のパロディーの曲も作っちゃいました。タイトルは、You're Just A Sweet Little Devil といいます(大笑)。当然、掛け合いコーラスです。
その他では実はアイ・ニード・ユーがすごく好きです。この曲は、ぼくはジョージの曲の中では多分一番好きですね。曲が若くて勢いもあってシンプルで純粋だし、ジョージのボーカルがすごくいい。さらにジョンとポールのハモも低めの音のハモで他にはそんなに例を見ないアレンジ。すごいね。
それと、イッツ・オンリー・ラヴも大好きで、しょっちゅうアコギ弾いて歌います。ハモがないのは寂しいけど、ジョンの It's Only Love♪ と言うときの若干シャウト気味の声はカッコいいよね!この曲のエンディングのメロディーはジョンのきれいなファルセットになります。どうしてこういう展開が考えつくんでしょうか?よく考えてみたら、普通は思いつかない展開でしょ?(笑)ジョンが天才だからですね。
この後、ラバーソウル/リボルバーと変化していくことを考えると、HELP!のアルバムは若いビートルズ音楽の集大成であり、この後ラバーソウルからは次のステージへ進化していきます。
スポンサーサイト



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
まるでビートルズの
コピーバンドのようなビートルズネタが充実したHPになってきましたね(笑)
せっかく見て頂いてる方のためにも
You're just a sweet little devilほかビートルズ風のオリジナルを次回ライブリストに入れてみてはどうですか?
2006/06/02(金) 22:28:59 | URL | コミー #-[ 編集]
そうですね~。
Blogはビートルズ談義といい一人ぼっちのコミーといい、ビートルズネタばっかりになってきましたね(笑)。
しかし、ビートルズ風のオリジナルを次回ライブリストに入れるのはかなりヤバイと思います。なぜかというと・・・思いっきり笑っちゃうからですv-411
(でもそれなりにいい曲あるよ。多重とかしちゃう?v-218
2006/06/03(土) 00:40:32 | URL | テラっち #Mx09nRN2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック