FC2ブログ
名古屋のロックバンド、Daybreakメンバーの日記
ビートルズ談義第7回
今回からは、ビートルズのアルバムについて、発売順にぼくの思い入れを語っていきたいと思います。
まずは、「Please Please Me」ですよね。

a_plspls.gif

曲目は、

1 アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
2 ミズリー
3 アンナ
4 チェインズ
5 ボーイズ
6 アスク・ミー・ホワイ
7 プリーズ・プリーズ・ミー
8 ラヴ・ミー・ドゥ
9 P.S.アイ・ラヴ・ユー
10 ベイビー・イッツ・ユー
11 ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット
12 蜜の味
13 ゼアズ・ア・プレイス
14 ツイスト・アンド・シャウト

いや~、いい曲ばっかりですね~。
もちろん、プリーズ・プリーズ・ミーはすごくインパクトありましたね~。まさに"ショッキング"な曲でした。
ビートルズの初期の曲の特徴のひとつはファルセット、裏声ですね。
♪Please Please Me Oh Year という、あの裏声にはまいったね。
このアルバムの中でぼくが特に好きな曲を挙げると、
アスク・ミー・ホワイ。最高です。特に、一番の But you're the only love that I've ever had のところのジョンの声のかすれ具合には参りました。
次に、ゼアズ・ア・プレイス。これも大好きです。何がすごいって、1番が終わって、2番は1番の繰り返しかと思いきや、途中からサビヘ展開していっちゃう!いやいや、1番もすごくいいんだからもう一回繰り返してもいいじゃんかっ!と思うんだけど、ジョンはそうはしないんだよね~。で、繰り返し以上にもっといい展開をやっちゃう。すごいよなー。絶対真似できん!(誰にも)
さらに、ミズリー。理屈は全くありません。とにかく好きです。この単純なコード進行のストレート極まりないロック。なぜだか胸にガ~ンと響いて、しびれちゃうんですよね。
そしてそして、カバー曲をオリジナル以上にカッコよくやっちゃうビートルズならではのベイビー・イッツ・ユー。ジョンのヴォーカルがとにかく色気があるよね。一番好きなフレーズは2番の You should hear what they say about you の "about" のところです。発音が、これぞジョン!真似しようと、何度も歌いました(笑)
超個人的思い入れ&入れ込みで恐縮で~す
いや~、ビートルズは最高最高!!
スポンサーサイト



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック